【真岡鉄道】真岡駅に初めて行く。

蒸気機関車に目がない私は、JR東日本の上越・信越線、磐越西線、
梅小路蒸気機関車館(現・京都鉄道博物館)、大井川鉄道、秩父鉄道、
成田ゆめ牧場などなど出掛けておりますが、関東で唯一残っていたのが、
真岡鉄道ですが、やっと訪問の機会を得て行ってきました。

この日は平日だったので、C12の運転は無し。SLキューロク館を目指しておりましたが、
駅の方から黒い煙が。火災でもなければC12の煙では・・・・

車で煙の方向を目指すとそれっぽい車庫が!
20160728mooka1.jpg

おー!いるいる!! 火が入っているってことは試運転でもするのかな??
20160728mooka2.jpg

ズームで接近。生きている蒸気機関車はきれいだなあ。
20160728mooka3_c1266.jpg

機関庫を抜けた先にはターンテーブルが。
大きさはC11やC12クラス専用だね。新しいので運転開始時に作ったものに見える。
20160728mooka4.jpg

振り返ると、趣深い給水タンクが。その下には灰置き場と石炭置き場。
20160728mooka5.jpg

うーんジオラマみたいだなあ。給水タンクの足は緑か茶色に塗り替えたい。
20160728mooka6.jpg

C1266の後姿。なかなか出てきません。今日は庫内での整備でおしまいかな。
20160728mooka7_c1266.jpg

DE10もエンジンかけてライト類も点検してたけど、乗務員さんエンジン止めて降りちゃった。
50系客車は週末の運行に備えておそうじ中。
20160728mooka8_DE10.jpg

やっぱ今日はダメだと思ったそのとき、汽笛が鳴った!

なんと駅の反対側のSLキューロク館で、
今日はお休みの筈のキューロクが動いて表に出てる!!
20160728mooka17.jpg

アリャリャー、中に戻っちゃった。
SLキューロク館(右)と真岡駅(中奥)とその構内。
20160728mooka18.jpg

建物横に展示されているD51147を見てから、
20160728mooka19.jpg

館内でキューロク・49671と近接対面。
うーん、現役っぽい雰囲気。
20160728mooka10_49671.jpg

サイドから。
動力逆転機がついている。ってことは頻繁に前後動を切り替える「入替機関車」の経歴があるってことだね。
こっち側に逆転機があるってことは、運転席も逆サイドってことだ。
20160728mooka11_49671.jpg

この日は整備中で、各部にしっかり注油中。
なんと自動車のギアオイル。トランスミッションやデファレンシャルに使うもの。
JR東日本では過去に「自動車用ギアオイルは高性能だが高価で使えない」みたいな発言してた覚えがある。
どんなオイルと比較したかは不明だけど、ギアオイルは普通に買うと確かに高い。

オイルの粘度は80W-90と75W-90が見えてます。
大型トラックなんかのデフにはもっと粘度の高い90W-140なんかを使うけど・・・・
粘度はともかく等級「GL-5」はもっとも極圧性能に優れたものです。
20160728mooka12_oil.jpg

さてもう一つのお目当ては、これです。

スハフ44の25。
20160728mooka15suhahu44.jpg

ご存じ昭和46年までC62重連で牽引された札幌-函館間の急行「ニセコ」に使用された車両そのもの。
20160728mooka13suhahu44.jpg

室内の程度が非常によい!!急行用にふさわしい明るい車内。
20160728mooka14suhahu44.jpg

C62牽引廃止直前に放送されたNHKの土曜スペシャルは昭和46年の本放送で、
その後鉄道ジャーナル社の「雪の行路」DVDも減るほど見ている当方としては、
涙なしには見ていられない。梅小路でC62の2号機を初めて見た時と同じぐらい感動した。
スハ43系の残存車両を青く塗ってC622号機とともに北海道に送って、
C62の3号機と重連で「ニセコ」ごっこ出来ないかなあ。
3号機を本州に持ってきても良いけど。中高年SLファンの最後の夢だね。
20160728mooka16.jpg

実は、この日は蒸気機関車空圧運転の「先生」が見えられておりまして、
少しお話を聞かせていただきました。
なんでもかつて私も持っていた「超有名マニアック」な国産自動車にお乗りだったそうで、
そんな話でも盛り上がりました。
今年10月14日に予定されている、神奈川県の御殿場線・山北のD5270号機の
空圧復活運転開始お披露目日にまたお目にかかることをお約束して真岡駅を後にしました。

いやあ、行ってよかった真岡駅。

蒸気機関車に関わる仕事したいなあって、また思ったりしましたね。

では、また。


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

VEM-GARAGE

Author:VEM-GARAGE
車両も風景も昭和40年代が嗜好の中心です。
国鉄時代の「旧型」「蒸気」が好きかなあ。
軽便・森林鉄道もOK。
90年代までのアメリカ型もよいねえ。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新記事
リンク
総御来場者数
現在の御来場者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ