【保存蒸気】御殿場線・山北のD5270号機を空気圧で動かす計画始動する。

びっくりしました。
山北町が国の地方創生に交付される補助金を活用して2015年に3700万円の予算を取り、
静態保存中のD5270号機の空気圧での走行を行うべく車体整備と12mの線路の敷設を行うとのこと。
さすがは元鉄道の町、思い入れが感じられます。
毎日新聞の記事
2015年の画像
d52yamakita2015.jpg

すでに車体の整備は始まり、今年に入りコンプレッサーも積み込んだようです。
山北町公式HP

個人的には21mの車体全部を屋根の下から引き出せるだけのレールを敷いた方が良いのかと。
車体全体が見渡せ、いつも車体が乗っているレール部分も解消され、軌道の整備も出来る。
そのためには25m以上の延長が欲しいですね。今回は12mでも、将来伸ばせるように前後を開けておくとよいかも。
スペースはあるようですから。
※2011年の画像
d52yamakita2011.jpg

蒸気機関車現役時代、唯一乗車できたのが、同じ県内にあった電化直前の御殿場線。
個人的に思い入れは深いので、今後の展開に期待しています。

時間とって様子を見に行くかな。

では、また。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

VEM-GARAGE

Author:VEM-GARAGE
車両も風景も昭和40年代が嗜好の中心です。
国鉄時代の「旧型」「蒸気」が好きかなあ。
軽便・森林鉄道もOK。
90年代までのアメリカ型もよいねえ。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新記事
リンク
総御来場者数
現在の御来場者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ