【きそしん】木曽森林鉄道プチ訪問記 その5~復元森林鉄道に乗車する。

赤沢自然休養林の森林鉄道にいよいよ乗車します。

線路は現役時代とほぼ同じ場所のようですが、一度撤去されたの敷きなおしているとのこと。
バラストや地面がきれい過ぎますが、狭い軌道で雰囲気はありますね。

駅構内から終点方向を望む。
20150624_akazawa51.jpg

列車が帰ってきて、機回し中です。
客車も新造のようですが雰囲気でてますね。
20150624_akazawa52.jpg

はい、出発準備完了。山の中へ向かう感じが出てる。
20150624_akazawa53.jpg

ホームに上がり前端へ。
20150624_akazawa54.jpg

機関車はこれまた何年か前に新造したとのこと。
でも客車同様に当時のKATOやSKWの雰囲気でてるなあ。
ディーゼルエンジンの排気ガス対策用の「PMフィルター」が排気管に付いているところが現代を感じさせる。
20150624_akazawa55.jpg

さあ出発!行きは最前部に乗車です。
20150624_akazawa56.jpg

川沿いをウネウネと進んで行きますが、雰囲気を味わっていたら、画像撮りそこないました。

終点近くなって大きくカーブした側線を発見。シートに覆われた車両も。
これは何???
20150624_akazawa57.jpg

と、終点に到着。
機関車は再び機回しして戻る方向につけかえ。
20150624_akazawa58.jpg

戻る準備完了。
エンジンが前にあるほうが正しい「前向き」に見えるけど、
運転席が前の方が安全確認はしやすそうだなあ。
20150624_akazawa59.jpg

さっきの側線を確認。奥まで続いていますね。かつての支線のようです。この部分のレールは当時物のような感じ。
車両も当時もののよう。早いうちにキレイにして屋根の下に入れてあげたいです・・・・・
これがキレイで残っていれば昔の風景の再現ができるのに。映画の当時風景のロケも可能かも。
国の予算が付かないのなら、寄付でどうにかしないといけません。みんな国有財産のはず。
20150624_akazawa60.jpg

再び同じ席に乗車して始発駅にもどります。
今度は最後部なのでウネウネした列車を撮影。この日はお客さんが少なく貸切に近い状態。
20150624_akazawa61.jpg

始発駅への戻りはこんな感じに見えてます。
20150624_akazawa62.jpg

この日は梅雨の合間の晴れの日で、乗車中に思い切り森林浴を味わいました。
暑くなく寒くなく、快適のひとこと。

決して安くはないけれど、これは乗らないといけません。

さて、始発駅に戻ったので、ゆっくり森林鉄道記念館を見ることにしましょう。

次回のレポートで。

では、また。










スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

VEM-GARAGE

Author:VEM-GARAGE
車両も風景も昭和40年代が嗜好の中心です。
国鉄時代の「旧型」「蒸気」が好きかなあ。
軽便・森林鉄道もOK。
90年代までのアメリカ型もよいねえ。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新記事
リンク
総御来場者数
現在の御来場者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ