FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【きそしん】木曽森林鉄道プチ訪問記 その2~往路の木曽福島


さて、塩尻から乗った「しなの」は振り子電車。
カーブに差し掛かると、クイッ!って車体が傾いて中央西線ををすいすい進みます。

途中駅のいくつかには木造駅舎が残っていて、次に来るときは普通列車がよいなあと思いました。

30分で木曽福島に到着。広い構内はかつて機関区があったことを偲ばせます。
20150624kisohukushima4.jpg

しかし、すっかりキレイになった構内は塩尻と同じで煙の面影はないです。


「しなの」は、このあと名古屋まで。JR東海の車両はなんとなく私鉄っぽい感じがして、
小田急育ちの私にはとっつきやすいかも。
20150624_shinano3.jpg

ホームのポスターもJR東海のもの。JR東日本圏内在住なので新鮮。
20150624kisohukushima1.jpg

留置線の塩尻端にあるこの屋根はなんだろう?なぜ2組?
機関車が留置されることがあるのかなあ。この線路は行き止まり。
20150624kisohukushima2.jpg

逆サイドにはD51が静態保存中。
ぴっかぴかだけどペンキでピカピカ。4月に塗ったばかりなんだって。
ロッド類を磨きだしておくのはとっても大変なので、これはこれで否定しないです。
屋根があるのがとっても幸せだね。
20150624kisohukushima3.jpg

ここからは、レンタカーで移動。駅でキップと一緒に予約したらキップが割引になった。

さあ、木曽路をドライブです。
まずは「きそしん」の起点、国鉄との接続駅だった上松を目指します。

以下、次号。

では、また。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

VEM-GARAGE

Author:VEM-GARAGE
車両も風景も昭和40年代が嗜好の中心です。
国鉄時代の「旧型」「蒸気」が好きかなあ。
軽便・森林鉄道もOK。
90年代までのアメリカ型もよいねえ。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新記事
リンク
総御来場者数
現在の御来場者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。