【きそしん】木曽森林鉄道プチ訪問記 その1~往路塩尻まで

子供のころはまだ軽便鉄道がいくつか残っていて、買ってもらった鉄道雑誌を見て何となく知っていました。

この数年、大人になって鉄道趣味が再び表に出てきたとき、
軽便=ナローがとても恋しくなった自分がそこにあって、
東洋活性白土専用線時代から知っている、「羅須地人協会」さんの蒸気運転や、
頚城鉄道の保存車両も見に行くこととなりました。

残りは木曽森林鉄道。
数年前に足を骨折して入院中に病室で作った卓上レイアウトも、
木曽を若干イメージして作った覚えが。

そしていよいよ順番が回って来て、スーパーあずさ1号の乗客となりました。
発車後の車内はビジネスマンで満席。事前に指定券買っておいてよかった。

上諏訪で飯田線直通の豊橋行きに遭遇。御殿場線と同じようなJR東海の車両だね。
20150624kamisuwa1.jpg

塩尻駅に到着。通るの2回目。ホームに降りるのは初めて。
20150624shiojiri2.jpg

スーパーあずさ1号は、この先の松本まで。早いねえ。東京から2時間半だね。
これ初めて乗ったなあ。
20150624shiojiri1.jpg

2列車同時に出発待ちで停車しているのは、さすが交通の要所。
ホーム3本。JR東日本と東海の両方の車両が見られるんだね。
20150624shiojiri3.jpg

改札近くに「駅そば」が。長野は美味しいからなあ。
この右の角にある狭い入り口がたまらない。すごーく入りたかったけど、
スーパーあずさ車内で朝食食べたばっかりなのでしぶしぶパス。
20150624shiojiri4.jpg


中央西線のホームに移動。
今度は名古屋方面へ。またもや特急。
20150624shiojiri6.jpg

発車まで時間があったのでホームの名古屋端へ。
これだけあからさまに2方向へ分岐する駅をJRでは初めてみた。それも「本線」だもんね。
平面で分岐するのが珍しいから?
右が東京方面の中央東線、左が名古屋方面の中央西線。
20150624shiojiri5.jpg

私が子供のころは、まだ中央西線ではD51が活躍していましたが、駅全体がきれいになっていて、
当時の面影は見つけられませんでした。電化は昭和48年とのこと。

名古屋行きの「しなの」入線。
ホームで昼食の駅弁を買って乗車。
「しなの」って振り子電車の381系のイメージが強いけど、昔の話だなあ。
これも初めて乗る車両かも。
20150624_shinano1.jpg

その2へ続く。


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

VEM-GARAGE

Author:VEM-GARAGE
車両も風景も昭和40年代が嗜好の中心です。
国鉄時代の「旧型」「蒸気」が好きかなあ。
軽便・森林鉄道もOK。
90年代までのアメリカ型もよいねえ。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新記事
リンク
総御来場者数
現在の御来場者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ