FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【頚城鉄道】くびき野レールパーク公開に行く。

昨年に引続き、国内ナローゲージ保存の聖地の1つ、
「くびき野レールパーク」10月の公開日に行って参りました。
10月の公開日1日目は見事な好天。見事な青空で絶好の鉄&ドライブ日和でした。

旧本社と旧車庫の保存庫。
20141025_kubiki7.jpg


旧車庫の横の旧本線跡付近には展示運転用のレールが敷かれています。
20141025_kubiki4.jpg

昼の休憩時間にたたずむホジ3とDC92。DC92は写真で見るよりずっと小柄で愛嬌たっぷり。
20141025_kubiki1.jpg

DC92の引く編成は、無蓋車の「ト5」に続いて「ハ6」。
「ト5」は大正、「ハ6」は明治生まれだそうです。古典です。古典。
20141025_kubiki6.jpg

自動客車「ホジ3」の正面(浦川原方)のアップ。
もっとも有名な日本のナローゲージ気動車と言っても過言でもない。
40余年の歳月を超えて動態復活した「LIVING LEGEND」( リビング・レジェンド=生ける伝説)。
20141025_kubiki3.jpg

「ニフ1」も今年車体を復元して復活してました。
新車時よりも改造経過が残っていない分綺麗かも。
20141025_kubiki2.jpg

今年は動画を撮影しなかったので、昨年のものを。




昨年の訪問記事はこちら。

くびき野レールパーク及び車両に関しては、
NPO法人「くびき野のお宝をのこす会」さんのページをご覧ください。

山越え70キロを含む往復750キロは日帰りでは決して楽ではありませんが、
会場で販売していた「とん汁」と「おにぎり」がメチャメチャ美味しくて感動。
「とん汁」はおかわりしてしまった。

そのおかげかあまり疲れ残ってない。

では、また。


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

VEM-GARAGE

Author:VEM-GARAGE
車両も風景も昭和40年代が嗜好の中心です。
国鉄時代の「旧型」「蒸気」が好きかなあ。
軽便・森林鉄道もOK。
90年代までのアメリカ型もよいねえ。

カテゴリ
リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
総御来場者数
現在の御来場者数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。