FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鉄道模型ジオラマ】初めて原鉄道模型博物館に行く

【追記】私が訪問した7月5日、原信太郎館長がお亡くなりになりました(享年95歳)。ご冥福をお祈りいたします。

開館時からマスコミ報道もあり超有名な「原鉄道模型博物館」ですが、同じ県内なのにコレまで未訪問でした。

ところが昭和36年に行われた蒸気機関車C53の復活運転の映像が上映されるとのこと。
しかもオリジナルは館長撮影のカラー16mmフィルム(多分コダクローム)!
haratetuevent1405.jpg

映像は他の蒸気機関車のものも含め、全部で8タイトル各10分で合計80分。もちろん一気に根詰めてみました。
やっぱカラーはすごいですねえ。情報量が違う。動くC53がカラーで見られたなんて夢見たいでした。
やっぱ格好よいねえ。C53。

映像の後はお待ちかねのジオラマ。1番ゲージはやっぱでかいなあ。
でも一般庶民には手が届かない世界。車両なんとかできても長大編成スケールモデル走らせるジオラマ作る場所ないもんなあ。

でも今後の参考に一応撮影。
架線があると良いけど、無いほうがスッキリかな。
でもEF58の牽く青大将や165系電車を走らせるなら無いとおかしいし。
ビッグボーイ等大半のアメリカ型は架線の下はあり得ない。
20140705_haratetu4.jpg

この鉄橋セクション良い雰囲気。
20140705_haratetu3.jpg

緑の中のターンテーブルも悪くないね。もうちょっと油っこくしたいなあ。
左に頭が見えるのは、UPのFEF-3かな?
20140705_haratetu2.jpg

こっちの機関庫も後ろに緑が。リアリティは別にして機関区と緑の組み合わせは新しい。
20140705_haratetu1.jpg

コレ見たら、制作を中断したままのターンテーブル・機関区セクションにまた手を入れたくなった。
いよいよHO模型の作業再開か。

しかし1番ゲージはいいなあ。ビッグボーイだけでも買っておくか?

ではまた。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

VEM-GARAGE

Author:VEM-GARAGE
車両も風景も昭和40年代が嗜好の中心です。
国鉄時代の「旧型」「蒸気」が好きかなあ。
軽便・森林鉄道もOK。
90年代までのアメリカ型もよいねえ。

カテゴリ
リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
総御来場者数
現在の御来場者数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。