【HO・アメリカ型】UP3977「Grayhound」 4-6-6-4 チャレンジャー 入線

デフのついたUP844が入線したのですが、
4-6-6-4「チャレンジャー」のグレ・ーデフ付が商品化されているのを思い出し、
気がついたら到着、入線していました。

こちらも844や3985号機と同じアサーン・ジェネシスのDCC-サウンドモデル。
機番は3977号。オイルテンダーに改装されたあとの仕様。
ath_UP3877.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

【山手線】東方神起号に乗る!

ある方の依頼を受けまして、山手線で期間限定で走るという「東方神起」のNEWアルバムのプロモーショントレインの写真を撮りに行きました。
でも10月1日(土)で運行終了だったらしい。

先頭には何も表示なし。
側面にはポスターが。NEWアルバムの三種類のジャケット色にあわせて車両も3色に分けてある。

先頭車両と外観。
山手線東方神起号1

以下その画像。

続きを読む

【16番・カプラー】C62カンタム前部カプラー換装

たいしたことではないのですが、

天賞堂のC62ダイキャストカンタム2号機3号機ですが、
前部についていた純正装着のバックマン製「E-Z MATE」カプラーが気に入らないので、
「必ず」重連運転をする関係もあり、ケーデーの「スケールヘッド」の158番に交換しました。

2号機は「必ず」先頭に立つから下に出ている解放用の「トリップピン」はいらないのか。
だったらダミーでもOK???


左3号機はケーデーの158番に交換済み。右の2号機は純正装着のバックマン製「E-Z MATE」カプラー。
C62カプラー換装

ポケットが出ているのが気に入らないけど、とりあえずそのまんま。

2両とも交換して、その後ナンバープレートを貼付。

早く本線運転させたい。



【HO・16番】ターンテーブルセクションレール敷設完了

いい加減時間がかかりましたが、レール敷き終えました。
結局全周に引いてしまいました。角度は10度毎。

入出庫線は3本。そのうち1本はアシュピットつき。
残りの2本には、給炭ホッパーがまたがる予定。
その上の1線は石炭補給用のホッパー車が入る線。
カーブが急なので大型機の入線は難しいかも。
ターンテーブルは130ft。
扇形庫は6線。うち2線はBIG-BOYが入れるように長くなっています。

ターンテーブルフィーダーレール敷設完了1

白い部分は先走って地面となる紙粘土を貼り付けたところ。

次はフイーダーと電源ですね。

【HO・16番・DCC】ターンテーブルフィーダー配線・ブースター追加

線路が敷けたので、今度は配線。

裏はこんな感じにレールから給電線が延びています。
ターンテーブルフィーダー敷設1


続きを読む

【HO・16番】レイアウト試運転・全ユニット結合!

実は、昨日の昼間、あまりにも天気が良かったので、
2時間掛けてデッキに一年振りにエンドレスを敷設、ついでに春に作ったヤードもつけてみました。

あくまでも試運転のつもりだったのですが、
下記の画像のように3列車同時運転などを始めるとぜんぜん試運転でなく、
本格営業運転。
レイアウト試運転20111009


ちなみ列車は、UPのC44-9Wの引くマニフェスト貨物と、
リオグランデのSD45牽引30両編成のコールトレイン、
そして天賞堂カンタムC62重連のニセニセコ編成。

全部サウンド付。もちろんDCC運転。

続きを読む

【EF65PF】EF651107牽引レール工臨

本日の一枚

八王子駅にて。東京方を向いてました。
積荷のレールは、1本もなし。

EF651107号機は塗装がとっても綺麗でしたよ。

ef651107レール工臨20111014


【HO・アメリカ型】AC-12 4-8-8-2 キャブ・フォワード入線

珍機といったら怒られますが、普通の人には変なSL。

運転席が前にあるから「Cab-Forword」ね。
燃料は重油だから、テンダーから火室までパイプで流して燃やせばOK。

モデルは、インターマウンテンのDCC&tsunamisound搭載品。
でも、アサーン・ジェネシスの商品とつくりが同じ。
SP_cab_foword4275.jpg

SP_cab_foword4275_2.jpg

DCCでスムースに走ってくれます。
結構気に入ってます。SPの機関車はいまのとこコレ一両だけ。
あとは「デイライト」の4-8-4?

カリフォルニアのミュージアムに1両静態保存中。
SP_cab_foword4294_museum.jpg

動く姿はこんな感じ。


模型が動くとこんな感じ

大きいレイアウトだなあ。いいね。

【HO・アメリカ型】もう一両チャレンジャーD&RGW・3804

アサーン・ジェネシスの4-6-6-4チャレンジャーシリーズにD&RGW(デンバー・アンド・リオ・グランデ・ウエスタン)の設定があることを知り、気がついたら入線。
DCC・サウンド(MRCデコーダ)付。
rio_grande_challenger3804.jpg

正面ナンバーはこんな感じ。
rio_grande_challenger3804_2.jpg

改めて英文マニュアルを読んだら、このシリーズのチャレンジャーは発煙装置積んでいるんだね。
配線は外してある見たいなので、今度一両バラして結線してみよう。
専用の発煙用オイルもあるみたい。

実機は3800から3805までの6両が1943年に製造されたけど、1947年に全機Clinchfield-Railroad(CRR)に譲渡され670から675号機となったらしい。
Rio_Grande_Challenger3800.jpg


ちなみにアサーン・ジェネシスのこのシリーズのモデルでもClinchfield-Railroad仕様がある。

【はやぶさ・鉄グッズ】買い損なったもの。

紀ノ国屋とのコラボ。
すんげーおしゃれでかわいいね。

普段売ってるバッグにも良い物あるけど、この色使いには「やられた!」って感じ。

このバッグが似合う可愛らしい女の人に持って歩いてもらいたいなあ。

E5系スイーツバッグ

気がついたときは売り切れだった。

グスン。

E5系スゥイーツバッグ販売 紀ノ国屋プレスリリース

通常バッグは 紀ノ国屋通販サイト
プロフィール

VEM-GARAGE

Author:VEM-GARAGE
車両も風景も昭和40年代が嗜好の中心です。
国鉄時代の「旧型」「蒸気」が好きかなあ。
軽便・森林鉄道もOK。
90年代までのアメリカ型もよいねえ。

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新記事
リンク
総御来場者数
現在の御来場者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ