スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【HO・16番】非電化機関区セクション・ターンテーブル設置作業

勢いで勝ってしまった「Walthers」の130ft(39m・1/87で45cm)
ターンテーブルですが、やっと重い腰が上がり設置作業開始です。

1800mm×900mmのベニヤ上に、
ターンテーブルの型紙と扇形庫の床パーツを置いて配置を検討します。
6線の扇形庫を配置し、かつ短辺ができるだけ小さくなるように配置します。
扇形庫のうち2線分は付属パーツで延長してBig-Boyが入るようにしてやります。

扇の要がターンテーブルの中心。
非電化機関区制作2

続きを読む

スポンサーサイト

【HO・アメリカ型】UP3985チャレンジャー入線

ターンテーブル設置記事で気が付いた方もいるようですが、
アサーン/ジェネシスの「UP3985」4-6-6-4・チャレンジャーが入線しました。
DCCでサウンド付き。

実機は現在もユニオン・パシフィック鉄道で世界最大の「動態保存」蒸気機関車として活躍中です。

モデルは現在の姿で、テンダー(炭水車)も石炭ではなく、
重油を燃料とするタイプになっています。

先に入線している同じ、アサーン/ジェネシスの「UP4001」Big-Boyは
soundtraxx社の「Tsunami Sound」のボードを積んでいますが、
こちらは少し古い商品なので、MRCのボードを積んでいて、ちょっと音が違います。
「Tsunami Sound」の方がいい音しますね。人気があるのが分かります。
ath_UP3985.jpg

こちらは、動態保存の本物のUP3985「チャレンジャー」。
機関士と比べると巨大さがわかりますねね。一度このビデオみたいに本物と一緒に走りたいです。


後ろの黄色い補助水槽車と黄色い客車もほしいなあ。




【HO・アメリカ型】E7型ディーゼル機関車入線

やってきました。アメリカのディーゼルといえば、昔はこれ。

LIFE-LIKE/Walthers「PROTO2000」のE7のA+Bです。
「A」は最初からDCC・サウンド付き。「B」はダミーです。

価格を考えるとまあまあかなあ。なにせサウンド付きですから。
DCC環境で良く走ります。音もなかなか。
ディッチライトも動作します。

proto2000_F7AB.jpg

キャブ入り口の手すりのゆがみは修正しないといけないですね。

黄色い客車を引かせるようですね。できれば「シティ」シリーズ客車か。

【HO・16番】ターンテーブル周辺線路敷設中

毎晩少しずつ敷いています。
詳細はある程度できてから。

なにせ、フレキのレール扱うの初めてなので、時間かかってます。
turntable_rail_bigboy.jpg

結構小細工が必要。

【HO・アメリカ型】「Rio-Grande」F3ディーゼルA+B入線

このところ入線(散財)ラッシュです。

アサーンのF3のA+Bに前オーナーがMRCと思われる
DCC・サウンドボードを搭載したモデルです。
2両ともサウンド付きボードを積んであり、結構大きい音になります。
Aはディッチライトも作動します。

130ftのターンテーブルには2両とも余裕で乗りますね。
ath_F3AB_riogrande.jpg

同カラーの客車8両も入線しましたが、IHC製でそれなりのもの。
安かったので、F3とセットで買いました。
IHC__riogrande_passcar_.jpg

そういえば、Rio-Grande用の貨物用機関車が無いですねえ。
ちょっと考えておきましょう。

東京総合車両センター2011夏休みフェアに行く

昨年行かなくて大後悔したので、今年は頑張って出かけてきました。

こんなに混んでるなんて思わなんだ。
山手線でツアーの団体列車?が走ったとかなんとかで、JR大手町の改札出たところからセンターのゲートまで列が繋がってる!!

ゲート入った直後の画像
tssc2011_9.jpg

再び長蛇の列のを成している放出部品とか、その他物販には興味は無く、

続きを読む

【アメリカ鉄道】本場のオークションではカブースが出ている!

アメリカ、e-bayのオークションでは、こんなものが出てる。

プリムス・ナロー?ディーゼルロコ
ebay_plymouse.jpg

カナディアン・ナショナル カブース
ebay_CN_caboose.jpg

C&Oカブース
CO_caboose.jpg

カブースは、高いところからの眺めがよさそうでいいなあ。
庭に置いてホビールームにしたいなあ。
日本の車掌車よりデカイから使い勝手がよいかも。

買える金額だけど、持ってこれないよね。

そういえば若い頃、「ビクトリア・ステーション」ていう、プライム・リブ(ローストビーフ)のお店があって、
その相模原店は、カブースや客車改造の客席を駅をモチーフにした建物に取り込んだ素敵なお店だった。

けっこういつも混んでいたんだけど、突然閉鎖されて泣いた覚えがある。
かつてのスタッフが横須賀で「ステーション・グリル」という店を旧ビクトリアステーション店舗で営業していて、ここに行けば、プライム・リブが食べられるみたい。
ステーション・グリル

ああ、懐かしい。
プロフィール

VEM-GARAGE

Author:VEM-GARAGE
車両も風景も昭和40年代が嗜好の中心です。
国鉄時代の「旧型」「蒸気」が好きかなあ。
軽便・森林鉄道もOK。
90年代までのアメリカ型もよいねえ。

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新記事
リンク
総御来場者数
現在の御来場者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。