【DCC鉄道模型】赤い箱でアドレス・CV値変更!

うちのHO/16番鉄道模型の電動車は基本全車DCC制御としているのですが、
デジトラックスのスロットルではCV値のコントロールがなかなか面倒で、
一部メーカーのデコーダーについてはアドレスの設定も困難だったことも。

そこで今回導入を決めたのが「赤い箱」
永末システム事務所さんのDCCデコーダープログラマーです。
Windows PCにUSB接続して画面を見ながら設定ができます。
もちろんプログラムレールにも接続。
永末システムHP

nagasue_dp1.jpg

とりあえず「お宝」On30(1/48でHOの線路幅16.5mm)スケールのD&RGW・K-28/477 はアドレス変更と加減速と総音量の設定を変更。
ちなみにDCC/SOUNDデコーダーは「Tsunami」です。
20161220_dp1_K28_477.jpg

簡易コマンドステーション機能があるので、
CV値を変更した直後にフィーダーをつなぎ変えることなく走行・結果確認ができるので便利。

アドレス・CV値設定がちょー楽になりました。

まだ2時間ぐらいしか動作させていないので、
詳細な報告は随時。

では、また。



スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

VEM-GARAGE

Author:VEM-GARAGE
車両も風景も昭和40年代が嗜好の中心です。
国鉄時代の「旧型」「蒸気」が好きかなあ。
軽便・森林鉄道もOK。
90年代までのアメリカ型もよいねえ。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新記事
リンク
総御来場者数
現在の御来場者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ